自己破産なら【弁護士法人心 名古屋駅法律事務所】まで

弁護士による自己破産@名古屋駅

Q&A

浪費,無駄遣い,ギャンブルで作った借金でも自己破産可能?

1 浪費やギャンブルが原因の借金と免責不許可事由

借金が増えた主な原因が浪費やギャンブルである場合は,自己破産できないとお考えの方は少なくありません。

たしかに,破産法では,浪費によって多額の財産を減少させたり借金を増やしたことを,免責不許可事由と定めています。

2 裁量による免責

しかし,裁判所は,浪費やギャンブルが主な原因である場合も,破産手続開始決定に至った経緯,生活状況や反省状況等に照らし,裁量で免責することができると定めています。

したがって,浪費やギャンブルが借金が増えた主な原因であるとしても,自己破産して免責を得られるケースは珍しくありません。

ただ,自己破産には,同時廃止という簡易な手続きと管財事件という複雑な手続きがあります。

浪費やギャンブルが借金が増えた主な原因である場合は,生活状況や反省状況等を調査するため,管財事件になる可能性が高くなります。

管財事件は,裁判所が管財人という第三者的な立場の弁護士を選ぶもので,自己破産する方は,管財人の調査に協力する必要があるため,何度か裁判所や管財人の事務所に行かなければなりません。

また,管財事件になれば予納金(裁判所に納める費用)が最低でも20万円程度かかりますので,その費用を用意できなければ自己破産することができません。

このように,借金が増えた主な原因が浪費やギャンブルである方が自己破産するのは,収入の減少や保証債務が主な原因の方に比べ,困難が多いのは事実です。

3 様々な事情を考慮し最適な方法を判断

そこで,支払額を減らしてもらえば返済していけるだけの収入がある方には,任意整理や個人再生等の手続を選ぶようお勧めする場合もあります。

しかし,弁護士に依頼して以降,浪費やギャンブルをやめて節約に努め,毎月家計簿をつけて管財人の業務に誠実に協力することで,免責が認められた方は大勢いらっしゃいます。

結局,借金が増えた主な原因が浪費やギャンブルである方が,自己破産を選択するのがよいか,その他の手続きを選択する方がよいかは,浪費やギャンブルに費やした金額や時期,財産の有無や収入の見込み等,様々な事情を考慮して決めることになります。

裁量で免責が得られる確率がどの程度あるかは,自己破産を多く取り扱っている弁護士が過去の事例に照らして見通しを立てるのが適切ですので,詳細は弁護士におたずねください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ